大崎麻子

大崎麻子

大崎麻子

関西学院大学客員教授
米国コロンビア大学国際公共政策大学院で国際関係修士号を取得後、国連開発計画(UNDP)に入局。ジェンダー平等と女性のエンパワーメントの推進を担当し、世界各地で女子教育、雇用・起業支援、政治参加の促進、紛争・災害復興などのプロジェクトを手がけた。
現在はフリーの国際協力・ジェンダー専門家として、国内外で幅広く活動中。内閣府男女共同参画推進連携会議有識者議員、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事、サンデーモーニング(TBS系)レギュラーコメンテーター等を務める。東日本大震災の被災地での女性支援を機に、日本国内のジェンダー問題や女性やガールズのエンパワーメント/リーダーシップの推進に取り組んでいる。
大学院在学中に長男を、国連在職中に長女を出産し、途上国への子連れ出張も多数経験。公立中学校PTA会長を務め、地域の教育活動にも取り組むなど、Think Globally, Act Locally(グローバルな視点を持ちながら、自分の足元で活動せよ)を実践中。著書に『女の子の幸福論 もっと輝く明日からの生き方』(講談社)、『エンパワーメント 働くミレニアル女子が身につけたい力』(経済界)

担当講座
キックオフセミナー

人生100年時代を幸せに生きる力と主体的に生きる力(エンパワーメント)回復力(レジリエンス)助けを求める力(受援力)についての講義
Final

私の未来と地域の未来(参加者のプレゼン・総括・)交流会
ご参加のお申し込みは、専用フォームから必須事項をご記入の上、送信ください。

講師カテゴリの最新記事